はじめに





一元流鍼灸術とは、東洋医学的観点から人間を理解する方法論をまとめたものです。臨床の効果をあげるためには、この人間理解の密度・鮮度・肉迫度を上げることがポイントとなります。

主要テキストである『一元流鍼灸術の門』〔たにぐち書店刊〕(WEBSITEはhttp://1gen.jp/1GEN/)では、その東洋医学的な観点の解説とその使用方法について包括的に語られています。ここではその実戦的な使用方法についてまとめました。

「弁証論治の進め方」では、実際臨床を行なっていく上での手引きを問診を中心としてまとめてあります。

「選穴と処置」では、切診を中心として実際の治療に至る道程の現在の私の流儀をまとめたものです。

「経穴を見つけるための経穴学」において、気一元の小宇宙である人身の中のさらに微細な小宇宙である経穴の見つけ方と、その評価の仕方について気一元の観点から述べています。









一元流
実戦編 次ページ